ジャケットの着こなしを考える

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

30代のメンズファッションで必須のアイテムといえばジャケットですね。

ジャケットといえばいろんな種類のものがあります。

80年代のロックンローラーが好んで付けていたライダースジャケット、

それからアメカジでも人気のミリタリージャケット、

そしてちょい悪おやじの時に爆発的に流行ったテーラードジャケット、

それから冬の寒い時期に大活躍するダウンジャケットですね。

ジャケットの着こなしとしては、まず内側のインナーとボトムスとの

コーディネートを考える必要があります。

ジャケットがダークないろの場合、暖色系などの明るいインナーを選ぶといいでしょう。

しかし敢えてクールさを印象付けるために、寒色系で揃えてみるのもアリです。

時と場合つまりTPOに寄って使い分けるのがファッションセンスを磨くコツです。

そしてボトムスはカーゴ、チノ、デニムとなんでもアリです。

寒色系のジャケットなら、オーソドックスなインディゴブルーのデニムでもいいですし、

ワイルドさや男らしさを演出できるカーゴパンツを吐いてみるのも良いでしょう。

それから系統を揃えることも重要です。きれいめ系のジャケットなのに、

悪羅悪羅系のインナーやお兄系のシャツを着るとバランスが悪くなってしまいます。

その辺を気をつければジャケットの着こなしは完璧ですね。