たかがファッションされどファッション

衣食住の一角をになうファッション分野ですが、

ただ衣の機能を果たすだけであれば見た目は気にする必要は無いかもしれません。

寒さをしのげればいいし、快適に動ければ問題ないよという人は

少なくありません。お金を掛けておしゃれな服を着たり、

アパレルショップに一々足を運んで面倒な服選びをするのが億劫な人は

30代男性の中にも多いはずです。

たかがファッションなんだから、俺の人生には全く関係ないよと

考えいる人がいたりしてもおかしくないですね。

しかしされどファッションです。

人間見た目が9割という本が昔ベストセラーになりましたが、

流石に9割は言いすぎだとしてもやはり、初対面やそれに近い関係、

例えば相手の事をあまり知らない状態の場合や顔は知っていても

実際に話したことはあまり無い状態の場合見た目で判断せざるをえません。

だからこそ、その外見しだいで大きなチャンスを逃してしまったり、

逆にいい思いをしたりする人が分かれてきます。

あまりファッション自体に固執するのは本末転倒というか、愚の骨頂ではありますが、

気にしなさすぎて無頓着でもよろしくありません。

圧倒的なルックス、才能や魅力を備えているならそれでもいいかもしれないですが、

我々凡人にはやはりコツコツ服装からいい印象をあたえるようにした方が結果として楽だったりします。

債務整理 バレない