ジーパンの呼び方

ジーパンはシャレた言葉でデニムパンツと呼ばれたりジーンズと呼ばれたりしています。

ジーパンだとなんとなくダサく思われたり田舎っぽく思われたりと余計なことを

考えてしまう人が多いようですね。男は黙ってジーパンでしょう。やっぱり。

デニムっていうと生地の名前のことだから明らかにおかしいと思います。

なんかデニムって行っている人を見ると微笑ましく思えてしまうのはそういった理由からですね。

ジーンズは80年代にファッショナブルな呼び方として流行ったそうです。

そこから定着していったそうなのですが、ちなみに英語ではジーパンのことをjeansと

いうそうです。ジーパンとは和製英語でとうじGI(米兵)が履いていたパンツだから

ジーパンになったそうです。知らないけど。

デニムはよくわからないですね。なのでジーパンかデニムでいいのではないでしょうか。

まあ子供の頃からジーパンって言っているのだからわざわざ言い慣れない言葉に

変える必要もないんじゃないでしょうかね。


モテるメンズファッション

30代で服の量販店のお世話になる人ならない人

男も30代になるとファッションに無頓着な人が増えてきます。

大学生の頃だと色気づいてファッションをあれこれ研究したりしたものですが、

丁度仕事も忙しく責任ある立場も任されるようになる働き盛りの30代以上になってくると

あまり服について興味がなくなってきます。仕事のスキルアップなどで

それどころではなくなってくる人も多いんじゃないでしょうか。

そうするとユニクロやしまむらなどのお世話になる機会が増えてきます。

どうせ女性との出会いも無いことだし、服なんて着れればいいかと、

量販店についつい通ってしまいます。

一方肉食系と言われる男性は30代になってもその狩猟本能は衰えずに、

モテる事を第一優先にファッションに気を使います。

20代後半まではオシャレなモテたいサラリーマンは多いのですが、

30代で一気に減ってしまいます。

そんな中孤軍奮闘していて、逆に同年年代の競争相手が少ないから、

30代好きの女性からモテる事が多くなってきます。

なので20代の時にモテなくても30代になってからモテ始める

男性もその中にいたりします。

なのでおしゃれな30代男性は意外と希少価値があってモテたい人は

頑張ってみるといいことがあるかもしれませんね。

ファッションに疎い

服を買いに行こうと思ったけど、どんな服を着ていいのか

分からない人は少なくありません。色々売っていると迷ってしまい、

お店で迷っていると、店員が寄って来てあれこれ勧められ気の弱い人は

無理して買ってしまって後悔したりします。

そしてもう服を買いに行くのは嫌だと思い、どんどんオシャレから

遠ざかって行ってしまいますね。

30歳を超えると結婚している男性も多いでしょう。

その反面独身の男性は女性にモテるために、まだまだオシャレに気を使いたい

人も多いんじゃないでしょうか。

中には既婚者の人でも新しい出会いを求めてバリバリ活動している人もいるので、

やはり男はいくつになってもモテたいものだなあなんて思ったりします。

やっぱりモテることを考えると一番最初に気になるのがファッションです。

特にファッションに疎い人は折角デートの約束が出来ても、

着て行く私服に困ってしまうことがあります。

いざというときに困らないようにファッション関連の情報はある程度

収集しておく事がモテたい男性に取って重要事項です。

新聞で経済やビジネスの情報を取り入れるのも大事ですが、

仕事だけでなく、プライベートも充実させる情報を取り入れたいですね。

旦那に内緒 債務整理