ジャケットの着こなしを考える

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

30代のメンズファッションで必須のアイテムといえばジャケットですね。

ジャケットといえばいろんな種類のものがあります。

80年代のロックンローラーが好んで付けていたライダースジャケット、

それからアメカジでも人気のミリタリージャケット、

そしてちょい悪おやじの時に爆発的に流行ったテーラードジャケット、

それから冬の寒い時期に大活躍するダウンジャケットですね。

ジャケットの着こなしとしては、まず内側のインナーとボトムスとの

コーディネートを考える必要があります。

ジャケットがダークないろの場合、暖色系などの明るいインナーを選ぶといいでしょう。

しかし敢えてクールさを印象付けるために、寒色系で揃えてみるのもアリです。

時と場合つまりTPOに寄って使い分けるのがファッションセンスを磨くコツです。

そしてボトムスはカーゴ、チノ、デニムとなんでもアリです。

寒色系のジャケットなら、オーソドックスなインディゴブルーのデニムでもいいですし、

ワイルドさや男らしさを演出できるカーゴパンツを吐いてみるのも良いでしょう。

それから系統を揃えることも重要です。きれいめ系のジャケットなのに、

悪羅悪羅系のインナーやお兄系のシャツを着るとバランスが悪くなってしまいます。

その辺を気をつければジャケットの着こなしは完璧ですね。

たかがファッションされどファッション

  • 投稿日:
  • by

衣食住の一角をになうファッション分野ですが、

ただ衣の機能を果たすだけであれば見た目は気にする必要は無いかもしれません。

寒さをしのげればいいし、快適に動ければ問題ないよという人は

少なくありません。お金を掛けておしゃれな服を着たり、

アパレルショップに一々足を運んで面倒な服選びをするのが億劫な人は

30代男性の中にも多いはずです。

たかがファッションなんだから、俺の人生には全く関係ないよと

考えいる人がいたりしてもおかしくないですね。

しかしされどファッションです。

人間見た目が9割という本が昔ベストセラーになりましたが、

流石に9割は言いすぎだとしてもやはり、初対面やそれに近い関係、

例えば相手の事をあまり知らない状態の場合や顔は知っていても

実際に話したことはあまり無い状態の場合見た目で判断せざるをえません。

だからこそ、その外見しだいで大きなチャンスを逃してしまったり、

逆にいい思いをしたりする人が分かれてきます。

あまりファッション自体に固執するのは本末転倒というか、愚の骨頂ではありますが、

気にしなさすぎて無頓着でもよろしくありません。

圧倒的なルックス、才能や魅力を備えているならそれでもいいかもしれないですが、

我々凡人にはやはりコツコツ服装からいい印象をあたえるようにした方が結果として楽だったりします。

債務整理 バレない

ファッションだけではモテないけど

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


モテるためにファッションを頑張るのは間違っていないです。

努力の方向としては正しいのですが、それだけでは決してモテる事はありません。

トークの内容だったり、顔面の良さだったり色々あります。

しかしながらファッションは相手と向き合う土俵を作る上で重要です。

土俵に立たなければ勝負することも出来ません。

そしておしゃれなファッションを指定なければ土俵に立たせてもくれない事が

多いのも、また事実であります。

女性はよくいいます。外見は気にしない。ルックスなんて関係ないと。

しかしファッションがまずいだけで冷酷に足切りしてしまうのも

そんなセリフを吐いてる人ナんです。30代男性になると、

土俵に立つ機会も減ってくるでしょう。合コンや友人の紹介など

20代の時に比べると周りも結婚しだすためか徐々に無くなってきます。

当然ながらチャンスも少なくなってくるので、成功率を高めるためにも

ある程度のハードルをクリアできるようなオシャレを心がけなければいけません。

やっぱり面倒だと考えてしまう人が多いからこそ、

そこにライバルたちとの差別化が出来るポイントに成ります。

恋愛で勝つのもビジネスで勝つのも共通のポイントはライバルとの差別化です。

生まれ持った顔や、経済力などで差別化を出すのは困難です。

整形手術はハードルが高すぎるし、収入をアップさせるのもサラリーマンでは

たかが知れてるし副業しても稼げるまでに40代になってしまいます。

一番簡単なファッションから心がけてみてはどうでしょうか。

きっと良いことがあると思います。

 

30代で服の量販店のお世話になる人ならない人

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

30代 メンズファッション 通販


男も30代になるとファッションに無頓着な人が増えてきます。

大学生の頃だと色気づいてファッションをあれこれ研究したりしたものですが、

丁度仕事も忙しく責任ある立場も任されるようになる働き盛りの30代以上になってくると

あまり服について興味がなくなってきます。仕事のスキルアップなどで

それどころではなくなってくる人も多いんじゃないでしょうか。

そうするとユニクロやしまむらなどのお世話になる機会が増えてきます。

どうせ女性との出会いも無いことだし、服なんて着れればいいかと、

量販店についつい通ってしまいます。

一方肉食系と言われる男性は30代になってもその狩猟本能は衰えずに、

モテる事を第一優先にファッションに気を使います。

20代後半まではオシャレなモテたいサラリーマンは多いのですが、

30代で一気に減ってしまいます。

そんな中孤軍奮闘していて、逆に同年年代の競争相手が少ないから、

30代好きの女性からモテる事が多くなってきます。

なので20代の時にモテなくても30代になってからモテ始める

男性もその中にいたりします。

なのでおしゃれな30代男性は意外と希少価値があってモテたい人は

頑張ってみるといいことがあるかもしれませんね。

無理な若作りも相手によっては吉


たまに30代後半くらいのオジサンで無理に若作りしている人がいます。

いい年して流行の最先端の格好をして頑張っています。

モテる気まんまん狩る気マンマンで気合が入っています。

いつまでも肉食系としての狩猟本能を忘れないという点で見習うところもあります。

その反面、斜に構えた人たちからあざ笑うような視線を送られたりもします。

しかし、そんな視線、気にしているのか気にしていないのか、

全く意に介している素振りを見せずに女性を口説いています。

そして女性の反応も以外に悪くなかったりします。

40代でお兄系、ギャル男系のファッションでウィッグまで付けて、

路上でナンパをしている人もいますが、たまに成功していたりするんです。

やっぱりファッションは常識だけに囚われていても面白くないし、

悪いことが起こらない代わりにいいことも起こりません。

シンプルで無難なファッションは無難な結果しか生み出さないものなのです。

いつでもチャレンジャーとして大きな結果が欲しいなら、

時には周りが引くほどの踏み込みが必要になってきます。

彼らは30代のおじさんでもまだまだ行けるんだということを

気づかせてくれました。人間自分がおいてると思った時ファッションも中身も

ダサくなるものですね。

 

30代のファッション雑誌は何を読む?


30代の男性をターゲットとしたメンズファッション雑誌は

色々ありますが、どんな雑誌がいいのでしょうか?

具体的にはLEONとか、GAINER、Safariなどが有名ですね。

ちょいワルおやじなんて言葉が流行りましたが、

モテるおやじを目指すというコンセプトのファッション雑誌です。

ジローラモなんかがモデルとして出ていたような気がします。

その頃、よくジャケットにジーンズのスタイルが流行りましたね。

しかしながらそんなファッション誌に紹介されている服やアクセサリ、

シューズなどのアイテムを見てみると目玉が飛びでしょうなほどの

値段がしてビックリしてしまいます。

一体誰がファッションにそんなお金をかけるのでしょうか。

年収1000万円稼いでいても家庭があれば、あんな高い服は

普通買いたくありません。我々普通の会社員や自営業者は高くても

アウター、インナー、パンツ、シューズと揃えて5万円くらいで済ませたいものです。

ファッションというのは値段じゃありません。

モテることを考えるとGAINERやレオンのような雑誌のアイテムは

コストパフォーマンスが非常に悪いとしか言いようがありません。

なので雑誌は必要ないと管理人は考えています。

読むべき雑誌は特にありません。ネットの情報で十分です。

30代男性はメンズファッション情報をネットで収集しましょう。

債務整理ギャンブル

ファッションに疎い

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

服を買いに行こうと思ったけど、どんな服を着ていいのか

分からない人は少なくありません。色々売っていると迷ってしまい、

お店で迷っていると、店員が寄って来てあれこれ勧められ気の弱い人は

無理して買ってしまって後悔したりします。

そしてもう服を買いに行くのは嫌だと思い、どんどんオシャレから

遠ざかって行ってしまいますね。

30歳を超えると結婚している男性も多いでしょう。

その反面独身の男性は女性にモテるために、まだまだオシャレに気を使いたい

人も多いんじゃないでしょうか。

中には既婚者の人でも新しい出会いを求めてバリバリ活動している人もいるので、

やはり男はいくつになってもモテたいものだなあなんて思ったりします。

やっぱりモテることを考えると一番最初に気になるのがファッションです。

特にファッションに疎い人は折角デートの約束が出来ても、

着て行く私服に困ってしまうことがあります。

いざというときに困らないようにファッション関連の情報はある程度

収集しておく事がモテたい男性に取って重要事項です。

新聞で経済やビジネスの情報を取り入れるのも大事ですが、

仕事だけでなく、プライベートも充実させる情報を取り入れたいですね。

旦那に内緒 債務整理